スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

香川殺人。騒がれたから…殺された子供達の無念。 

悲しいことに本日、3人の遺体が発見されました。



最悪の結末に日本中からのタメ息が聞こえてきそうです…。

どうやら、三浦さんの借金が原因で起きた事件のようですが

これから詳細がはっきりするのでしょう。

何故、子供まで殺す必要があったのか?

「騒がれたから」…。

子供達はその日、偶然にも三浦さん宅へ宿泊して偶然にも事件に遭遇しての結末。

両親の無念を思うとやり切れません。


今はただ、3人のご冥福をお祈りします。 


<<記事詳細は下記をどうぞ>>

三浦啓子さんと孫娘2人に対する死体遺棄容疑で逮捕された三浦さんの義弟、川崎政則容疑者が、今年4月に病死した同容疑者の妻に対し「お前のせいで、人生が狂った」などと激高していたことが28日、分かった。

 妻は、同容疑者に黙って三浦さんに多額の金を貸しており、県警坂出署捜査本部は、同容疑者が妻と三浦さんとの金銭トラブルに恨みを募らせて三浦さんらを殺害したとみて、詳しい動機を追及している。

 三浦さんと同容疑者の妻は姉妹。関係者によると、三浦さんの元夫はうどん店の経営などがうまくいかずに借金を抱え、同容疑者の妻が連帯保証人になっていた。妻は三浦さんの求めに応じて、多額の資金を工面。金のやりとりは十数年前から繰り返し行われ、総額は数百万円に上っていたとみられる。

 三浦さんは同容疑者が留守の時などに借金に訪れたため周囲は金銭のやりとりに気付かなかったという。妻は今年4月に病死したが、同容疑者は最近になって、妻と三浦さんとの間で金銭トラブルがあることを知ったといい、病床の妻に「お前のせいで人生が狂った」などとこぼしていた。三浦さんが両親からも金を借りていたと聞いた際には、「ええとこ取りやな」とののしったこともあったという。

 また、知人によると、同容疑者は「妻の葬式後、妻名義の借用書が見つかった」と話し、恨んでいる様子だった。妻の死後も三浦さんの頼みに応じる形で、資金の工面は続き、消費者金融で融資を受けさせられたこともあり、取り立てに悩んでいた様子だったという。


スポンサーサイト

[ 2007/11/28 20:35 ] ニュース | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sokuhoutak.blog33.fc2.com/tb.php/13-b6c33fa8


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。